看護師一年目の転職はあり?

看護師一年生にさまざまなアドバイスを伝授!

新卒看護師でも辞めてもいいの?

新卒看護師でも辞めてもいいの?

新人看護師が転職するデメリット

まだ新卒して働き始めて一年も経っていないのに辞めてもいいのだろうかと考えている新人看護師の方いませんか?
実は多くの人がこの新人看護師の段階では辞めてはいけないと考える傾向があるんです。「看護師経験が少ないから採用されにくくなるかも……」「キャリアに傷がついてしまうかも……」などデメリットが多いため、新人看護師のうちはつらくても辞めるのは不利になるからなるべくつづけた方がいい、と考えてしまうのだとか。確かにこれらも一理ありますが、すべてではありません。
採用されにくいという点ですが、第二新卒を採用していたりする病院であれば十分新人看護師でも採用してくれますし、キャリアに傷がつくという点もそれほどデメリットにななりません。なぜなら、一般の仕事に比べると看護師の需要は高いため、新人時代に転職をしたからといって今後のキャリアに大きく影響することもありません。むしろ嫌々働いて成長を妨げているとしたら、そっちの方がキャリアに影響をすると思いませんか?

新人看護師が転職するメリット

では新人看護師が転職するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?
まず悩みがすぐに解決できるという点は大きなメリットとなります。特に新人看護師は軌道修正が早ければ早いほど今後にもいい影響を与えます。もし、職場に対する不満を我慢して新人時代を過ごしてしまうと、三年ほどでプリセプター業務やリーダー業務といったポジションを任せられてしまうため、ますます辞めるタイミングが掴めなくなってしまいます。
また、中途半端に勤務年数を重ねるよりも看護師一年目の新人看護師の方が転職しやすいというメリットもあります。採用した新人看護師を育てるのに約二年、三年目からようやく一人前の看護師として働くことができる!といわれています。そのため二年間は教育や時間といったコストが病院側には生じてしまうんですね。これが二年目で転職を考えるとなると、まだ一人前でもない状態で転職市場にでることになってしまうめ、転職先の採用担当者からもあまりいい印象を持ってもらえません。

デメリットよりもメリットが大きい

ここまでをまとめると、新人看護師が転職をするデメリットはどうにでもなるような問題が多く、むしろ新人看護師のいまだからこそ転職するメリットがある、ともいえますよね。新人看護師の転職はデメリットが多く不利になるため避けた方がいい、といわれていますが、実はそれを上回るメリットの方がいいため、嫌な職場でうつうつと過ごすよりは転職して、心機一転、働いた方が何倍もお得なんです。

看護師一年目の人におすすめの記事!