知っておきたい!看護師一年目の辞めるタイミングっていつ?

看護師一年生にさまざまなアドバイスを伝授!

看護師一年目の人が辞めるタイミングとは?

看護師一年目の人が辞めるタイミングとは?

タイミングはとにかく早め

新人看護師が辞めたいと思っていてもタイミングがなかなか見つからない、ということも少なくありません。さらに、転職するなら二年目よりも一年目の新人看護師の方がいいため、ダラダラと働き続けるよりも早めに辞めることを考えましょう。そのため、辞めるタイミングもなるべく「早め」を意識するようにしましょう。早めに辞めることで、制限に引っかかることがなく転職先を選ぶことができたり、若いうちの方が知識や技術の習得が早いので需要があるといったメリットを得ることができますよ。

経験が少ないのに不安

いくらタイミングは早めがいいといっても、まだ何も経験していない状態なのに大丈夫なのかな?と思ってしまいますよね。でも大丈夫!逆に経験が少ない方が有利になることもあるんです。採用担当者の立場から考えてみると、経験が1年未満でもそこから再起するためにがんばろうとしている人に対して悪い印象は持ちません。
看護経験やスキルを持っている人であったとしてもそれぞれメリットとデメリットがあるので、これから看護師を育てようと考えている病院は即戦力よりもこれから伸びる人を採用します。「経験が少ない=新人看護師時代の転職にはデメリット」とはなりません。これからがんばろうとする姿勢が大きな武器となるんです。

第二新卒は歓迎される

早めのタイミングがメリットとなる理由に、第二新卒が歓迎されるという点があります。第二新卒は一年から三年の勤務後から転職活動をしている求職者をいいますが、この第二新卒はまだまだ技術的な面では評価されませんがポテンシャルと柔軟性が高く評価されるんです。
まだまだ新しい環境に馴染みやすい状態なので病院の理念や風土を素直に理解できますし、ある程度の看護スキルと社会人としての常識も備わっています。このような理由から一から教育をする必要もなく、柔軟性があって病院にすぐに馴染めるという点で第二新卒は歓迎されるケースが多いです。

でもすぐには辞めないこと

退職するならとにかく早めのタイミングがいいといっても、すぐに辞めてしまうのはおすすめできません。転職活動を開始するのが早ければいいというだけで、退職をするベストなタイミングは「転職先が決まってから」です。
次の転職先が決まっていれば無理に引き止められることもありませんし、収入があるというだけでも安心できるため不安を抱えたまま転職活動をすることもありません。収入がない不安定な状態では十分に選ぶ余裕もなくなってしまい、とにかく働ければなんでもいいといった発想につながってしまい、条件や待遇面を妥協して決めてしまい後々後悔してしまう可能性も十分にあります。

看護師一年目の人におすすめの記事!