看護師一年目でぶつかる壁

看護師一年生にさまざまなアドバイスを伝授!

一年目の看護師がぶつかる壁とは?

一年目の看護師がぶつかる壁とは?

看護師にとって一年目はとても重要です。勉強することがたくさんありますし、看護の勉強だけでなく他にも社会人としてのマナーやコミュニケーション能力などが大きく育つ一年でもあるからです。そのため看護師一年目は今までぶつかることがなかった「先輩との付き合い方」や「仕事に対するプレッシャー」そして、「理想と現実のギャップ」など大きな壁をいくつも乗り越えなければなりません。それにはまず新人看護師らしく、指導されたことをメモに取ったりミスを防ぐために勉強したりと積極的に学ぶ姿勢を見せることが大切ですよ。

  • CASE1:先輩からのいじめ

    看護師一年目はまだまだ現場での経験が少ないため、即戦力として期待することはできませんよね。一人前の看護師になるためには現場で知識と技術を習得し経験を積み重ねていくしかありません。その成長を助けてくれるのが指導してくれる先輩看護師なんですが、この先輩看護師と上手に付き合えるかが大きなポイントとなります。しかし残念なことに中には良好な関係が築けず先輩看護師からいじめられてしまう人もいるので、まずはどんなタイプの先輩に気をつけていけばいいのかをしっかりとおさえておきましょう!

  • CASE2:仕事に対するプレッシャー

    看護師は患者さんの命を預かる仕事です。仕事のミスがそのまま患者さんの生命を脅かす可能性もあります。そのため、新人看護師であろうとどれだけ経験を積んだベテラン看護師であろうと、仕事に対するプレッシャーというのはなくなることはありません。ベテラン看護師になればそんなプレッシャーと上手に向き合うことができますが、まだ看護師一年目の新人看護師には難しいですよね。新人看護師にとってどんなことがプレッシャーに感じるのか、詳しく見ていきましょう!

  • CASE3:理想と現実に愕然!リアリティショック

    いつか患者さんの役に立つ看護師になりたい!と希望と理想を抱いて勉強を続け、やっと資格を取得して働きはじたけど、理想と現実の違いを目の当たりにして自分の無力さを痛感してショックを受けてしまう、「リアリティショック」も新人看護師の大きな壁のひとつです。これはどの看護師でも一度は経験することですが、プライドの高い新人看護師や理想を強く抱いていた新人看護師は自信や理想が高い分、受ける衝撃も大きくなってしまいます。

看護師一年目の人におすすめの記事!